TOP >  022/徒然なるままにタイ一人旅・・・その7

022/徒然なるままにタイ一人旅・・・その7

 古都アユタヤで、日本から来た友人親子と合流し、その日は午後着だったので、一休みしてから、今回の旅の目的の一つ「アユタヤの川エビ」を食べに、ちょっと郊外まで!以前から、アユタヤのエビが気になっていたのですが、なかなかアユタヤに脚が向かず、延び延びになっていたので、その分、じっくりと調査し・・・You Tubeですが・・・とにかく、準備万端で、いざ出発!

 

 調査の結果、アユタヤ郊外の川沿いに市場があるらしく、そこにはレストランもかなりの数があるようで、値段もアユタヤ市内で食べるよりは安いらしいです。ま、とりあえず宿の目の前にいたトゥクトゥクのおっちゃんに、事前にプリントアウトしていた地図(タイ語)を見せて、ここまで連れて行ってくれと・・・すぐにドライバーさんは理解してくれて、旧市街地を疾風のごとく駆け抜け、川を渡り、どこを走っているのかわかりませんが、いかにもタイの郊外という感じの場所を走ること15分ほど・・・市場に到着。何故か写真を撮っていませんでしたが、3つのエリアに分かれていて、2つが縦長の市場になっていて、ぐるりと周れる感じです。どこも同じような物を同じような価格で売っています。もちろん魚介類ばかり・・・いつも思うのですが、タイの市場は、こんな感じで、同じ場所で同じものを売る業者が集まっていて、見る方としてはちょっとつまらないというか、どこをみても同じで・・・買う方としては値段交渉がし易いのでしょうが・・・もう一つのエリアにはレストランが10軒ほどあります。どこも賑わっていたのですがメニューを見ながら、エビの大きさの選択が多そうな入口に一番近い割と大き目なレストランを選択。ここぞとばかりに色々と注文してしまいました。

 

エビ入りチャーハン(カオ・パッ・クン)

パタヤに行くようになってからはまっています!

 

小さめな淡水魚を揚げて甘めのソースをかけ、それをナンプラーベースのソースで頂くという料理・・・名前は分かりません・・・

 

茹でたカニ・・・長崎出身なので、あまりカニは食べないので・・・

種類は分かりませんが美味しかった~!

 

そしてメインの川エビのBBQ

エビみそ?を混ぜながら頂くのですが、甘い!美味しい!来てよかった!

 

 安くは無いです。正直、タイの感覚で言うと、かなり高額でした。全部で5~6000円はしたかと・・・でも、大満足なディナーでした!食べ過ぎましたが・・・海のエビも美味しいですが、この川のエビ、とにかくミソが多く、そして甘い。身はプリプリで分厚いです。カニも身が多く、美味しかったです。

 

 お腹いっぱいになったし、宿に帰ろうと外に出たら、日が落ちて真っ暗。市場も帰り支度をしていて、観光客などいない・・・ん、トゥクトゥクもいない・・・大抵の場所には待機しているのですが、いない・・・近くの市場の人に聞いたら、そんなものいるわけないだろ・・・と。ん~困った・・・しかも英語がほとんど通じない。とりあえず、レストランに戻って、トゥクトゥクでもタクシーでもバイタクでも良いからどうにかならないか?と身振り手振りでお願いしたらようやく理解してくれて、どこかに電話してくれて・・・待つこと10分、トゥクトゥクがやってきました!ありがとうレストランの優しい方々!この間抜けな浮かれ日本人を助けてくれて!最悪、歩いて帰ろうかと思っていたので・・・私は山登りするので10Kmや20Kmなら難なく歩けるのですが、タイの道路は暗く、しかも野犬が沢山いるので、ちょっと怖い・・・一度、バンコクで追いかけられて、近くのおじさんが棒を持って追っ払ってくれたことが・・・そのおじさん、棒を私にくれて、後は自分で何とかしろと。その事があってから、タイの野犬が怖くなってしまいました。不思議なのが、これだけ野犬がいるのに、あまり糞が落ちていないこと。ヨーロッパの方が酷いです。特にラテン系の国とハイジの国は、歩くのが嫌になるほどでした。ガラガラ引っ張るスーツケースの方はご注意を!

 

 旅の目的「海と川のエビを食す」もクリアしたので、次回はアユタヤ観光とバンコクへの移動編です。