TOP >  015/買い付けの話し番外編・・・その14ストップオーバー

015/買い付けの話し番外編・・・その14ストップオーバー

 デンマークでの買い付け帰りにストップオーバーしたタイでの短い休日も終わり、いよいよ帰国となります。初めて訪れた「パタヤ」は想像をはるかに超えた楽しさと美味しさ、ローカルな雰囲気、そして素晴らしい出会いがあり、大満足の旅になりました。

夕暮れのパタヤビーチ

 

 パタヤは意外にも物価が安く、下手な地方都市よりは安く、しかも「選択肢」も多かったのに驚きました。シーフードもイサーン料理(タイ東北地方の料理)も、どこで食べても外れ無し。屋台は無い(大きな都市では屋台が無くなりつつあります・・・)ですが、小さなローカル食堂が沢山あります。「一人旅」では、「一人で食べる場所」を探すのがちょっとだけストレスなのですが、東南アジアの国々は、屋台やローカル食堂があるので、長期滞在でも飽きないし、美味しいし、安いし全く問題ないです。

 今回のホテルの目の前には小さな市場(マンゴー屋さんメイン!)があって、中には「フードコート」のように、色んなお店があって、便利でした。観光客が多く、ローカルっぽさは・・・でも、逆に世界中から来ている観光客と仲良くなれるかもしれません。私も同席したブルガリア人のご夫婦と仲良くなりました。

 そして、今回、パタヤで一番お世話になったのが、マッサージ屋さん!

1時間THB100のマッサージ屋さんが沢山!

微笑みの国の女性たちは逞しく、そして優しい!

 

 私はマッサージが大好きで、毎日、2時間以上受けるのですが、これまでで一番安かったのが、このパタヤです。THB50のチップをあげても1時間あたりTHB125(400円ほど)!!チップに関しては「日本人はあげすぎ」とか「あげなくても大丈夫」とか耳にしますが、彼女(彼)達は、これで生活しています。何よりも「気持ち」です。私は、ホテルの清掃係の方やマッサージなど重労働の方には、必ず「それなり」の額を渡すようにしています。

 今回も毎日4時間は受けていました・・・ホテル目の前の「Central Road」から、ホテル裏手にある「Soi Buakhao」を右に曲がるとTHB100のマッサージ屋さんが数件あります。ほとんどのお店を制覇しましたが、どのお店もしっかりとマッサージしてくれて、本当に100バーツ?と思うほど癒されます。タイ一人旅では良くあること(私だけかな・・・)ですが、店先での食事に毎回、誘われます。こうした「触れ合い」ができるのが、一人旅の一番楽しいところです。

 

マッサージ屋さんの目の前にあるローカル食堂からの眺め

 

 お客さんは地元の方ばかり・・・2人組の若い女性客がいたので、何を食べてるのかなと話しかけてみると・・・

生肉食べてました・・・

 

 「食べる?」って言われたけど、こんなところで生肉を食べる勇気はさすがに無いです・・・タイの衛生に関して言うと、最近のタイは観光客の増加と保護の為か、かなり厳しくなっていて、食中毒になることは無いかと・・・例えば、屋台で生野菜や氷の入った飲み物、かき氷など食べても、まったく問題ないです。実は、20年前、バンコクの屋台で出た氷入りのコーラで、死にそうになったことがあります。10日間、何も食べられなく、薬も受け付けない・・・上から下から・・・大変でした・・・今回もこれでもかというほど色々な物を食べましたが、全く問題なしでした!暑い国では、少量を何回も食べるのが良さそうです。

 さ、パタヤともお別れ、マッサージ屋のお姉さんにバイクタクシーを捕まえてもらい、値段も交渉してもらい、バスターミナルへ。

 バンコクに戻る場合、バンコク市内行きとスワンナプーム空港(バンコクには2つの空港があるので、ご注意を!)行きでは、バスターミナルが違うらしいです。初心者の方は、ちゃんとドライバーさんにどこに行くか行き先を伝えた方が良いかと思います。

これはバンコクの市内行きのバスターミナル・・・空港行のターミナルは、時間が無くて撮れませんでした・・・北側の小さなターミナルでした。

 

 酔い止めもしっかり飲んで、寒さ対策(本当にクーラーがきついです)もして、いざ空港へ。渋滞もなく、すんなり2時間ちょっとで到着。道も綺麗だし、バスも「普通」の観光バスサイズで、混んでいないので、ゆったり快適でした。

 出発4時間以上前に空港に到着。早々にチェックインして・・・ここでちょっと注意が・・・タイの空港、大抵の場合、チェックイン(荷物預け入れ)は2時間前にならないとカウンターは開きませんが、スワンナプームもホームとするタイエアーの場合は4時間前でも大丈夫!荷物を預けて身軽になったので、バンコク市内に行くことに!

 娘のお土産をどこで買おうか迷ったあげく・・・とりあえず「ど真ん中」まで行くことに。

向かったのは「エラワン」

パワースポットであり、タイ伝統ダンスが見られる場所でもあります

 

TVなんかで見たことがあるのでは?有名なスポットです

 

タイの方々に交じって、私もお祈りを・・・家具が売れますように(笑)

 

突然のスコール

 

雨宿りするも止む気配なし

 

近くの駅まで、靴と靴下脱いでダッシュ!

この後、飛行機に乗るので、靴だけは濡らしたくなかったので・・・

 

 無事に空港に到着・・・いよいよ、旅も終わりです。今回の買い付けとタイでのバケーション、共に古い友人との再会あり、そして分かれあり、デンマークやスウェーデン、タイの人たちの優しさに触れることができた「いつもながら」の楽しい旅になりました。私はヴィンテージ家具屋ではありますが、旅することが好きだから、続けているのかもしれません。だったら他の仕事でもと思うのですが、インテリアから触れる北欧の文化や人とのつながり、また、ストップオーバーで訪れる国の中で見る「美」に対する意識を感じることが、ものすごく好きです。インテリアが先か旅が先か・・・難しところですが、ショップで、買い付けた時の話しや、修理した時の話しなど、その家具の「ストーリー」をお客様に伝えるのもまた楽しいものです。どうか、私のショップを訪れて下さった際にはお付き合いください。

羽田空港に早朝到着

さ、日常に戻って、次の旅の為に、働きます!