TOP >  010/買い付けの話し番外編・・・その9帰国~経由地へ

010/買い付けの話し番外編・・・その9帰国~経由地へ

 北欧での「買い付け」も、無事?に完了し、いよいよ帰国・・・デンマークの良いところは、ブログその5「到着編」でも書きましたが、市内中心部から空港へのアクセスが簡単で、早いこと。コペンハーゲン中央駅まで行けば、最低でも30分に1本くらいは空港方面行の列車があり、しかも10分ほどで着いてしまうので、時間を有効に活用できることです。 コペンハーゲン駅の周り、徒歩10分圏内には、お土産屋さんもカフェも何でもあるので、出発までの時間を有効に使えます!ただし・・・

 時間には余裕を持つことと、駅の時刻表と出発プラットフォームを信じすぎないこと!駅にはモニターが沢山あるので、行き先と時間を「マメに」チェックしないと・・・遅れることはほとんどないのですが、プラットフォームが突然変更されることが多いので、ご注意を・・・

 私はいつものように3時間前には空港に向かい、チェックイン!デンマークの空港は、まず、たくさん並んでいる「モニター」で自動チェックインをして、預ける荷物タグを受け取ってから、カウンターに行き荷物を預けます・・・これが、何度行ってもあたふたしてしまいます・・・以前は、スタッフの対応が悪く(態度が悪く・・・)ストレスだったのですが、今回は、非常に親切で、気持ちよくチェックインできました。座席も希望通りに取ることができ一安心!ご覧の通り、非常に小さな空港なので、時間帯によっては込み合いますので、ご注意を!

 コペンハーゲンの空港はイミグレーションを通ると喫煙できませんので、その前に空港の外で吸っておきましょう!

 イミグレーションを通ったら、まずはモニターで行き先と便名からゲートを再確認。今回はタイエアー(TG)だったので、少し遠く、もう一度、出国ゲートのようなところを通らなければいけなかったのですが、これが激込みでした・・・時間の無い旅行者で殺気立っていました・・・だから、余裕を持ってと・・・無事に通り抜けると、ゲートへ。さすがにコペンハーゲン発バンコク行には日本人はいません。沢山のタイ人に囲まれて、気分は既に微笑みの国! 巨匠Hans J.Wegnerの椅子が並んだコンコースで、ボーディング待ち。柱にはコンセントがあるので、モバイルの充電ができます。が、デンマーク仕様のコンセントなので、用意しておきましょう!帰国時、必要ないとスーツケースに入れて預けてしまうことが多いので・・・タイエアーの飛行機の中はUSBで大丈夫です。航空会社によっては機内モードにしていても電源さえ入れさせてくれないところもあるので、ご注意ください。詳しくは別の機会に。

 今回の機材はボーイングの新しい飛行機で安心!機内エンタテインメントも充実してるし・・・昨今、このモニター廃止が進んでいるようで・・・

 タイエアーの機内食、好きです・・・昔と違って、どの航空会社も美味しくなりました。10時間のフライトで2食・・・到着は早朝なので・・・

 2食目はこんな感じです。

 もうすぐ、ここでのんびりと・・・ということで、次回「番外編」経由地タイでの過ごし方です。どっちかというと、私にとっては、こちらがメインです!