TOP >  009/買い付けの話し・・・その8

009/買い付けの話し・・・その8

   買い付けの楽しみのひとつは、もちろん「観光」ですが、私はいわゆる「観光地」に行くより、滞在している街を歩き回るのが好きです。買い付け時には、ほとんど、午後からしか時間がないので、運動がてら、街を歩き回ります。近くの公園を歩くだけでも、日常とは違った風景を楽しむことができます。

今回、滞在した「Valby」にも大きな公園が2つありました。その一つは丘の上にあり、通り抜けると、コペンハーゲン動物園に出ます。

私のこだわりの一つが「各都市の動物園を訪れる」です・・・一人で・・・苦笑

最近の動物園は、どこも綺麗で、演出も凝っています。コペンハーゲンにある動物園は、モダンデザインの都市らしく建物やポスターも凄くかっこいいです!

以前、真冬に訪れた時は・・・

雪の中を駆け回るライオンを見ることができました!この動物園を、コペンハーゲンの中心地に向かって歩くと・・・

デザインミュージアムがあります。ここでは、デンマークが誇る、プロダクトデザインの数々を見ることができます。もちろん家具も・・・家具メインですが・・・

名作がずらりと・・・圧巻です!

フィンユール、ウェグナー、パントン・・・

美術館・博物館めぐりも大好きで、何度も同じところに脚を運びます。ルーブル、グッケンハイム、メトロポリタン、MOMA、シカゴ美術館などなど見てきましたが、一番好きな美術館は、ここデンマークにあります。

ルイジアナ美術館です!「世界で最も美しい」と言われるこの美術館は、コペンハーゲンから「Helsingor」方面に電車で40分ほどの、スウェーデンとの海峡を見渡せる丘の上にあります。作品は現代アートです。

環境も建物も美しすぎます・・・

中にはギフトショップやレストランが・・・

いつもランチは、レストランのビュッフェで。高いんですが・・・ここの水のペットボトル、帯がルイジアナ美術館仕様でカッコいいです!

この美術館とコペンハーゲンの間には、もう一つ美術館があります。それが・・・

「Klampenborg」の森の中にある「Ordrupgaard Museum」です。小さな美術館ですが、まず、この森の中にたたずむ要塞のような建物に惹かれてしまいます。そして、私が最も印象的だったのが、美術館内で使われていた、石でできた椅子・・・写真はないのですが、美術館の方に聞いたら、デザイナーは「Zaha Hadid」・・・そう、オリンピックの新国立競技場で有名になったザハさんです!私は、彼女の流れるようなデザインが大好きで、国立のデザインも大好きでした。よくよく聞いてみたら、この要塞も彼女のデザインとのこと。いずれ、上野の美術館のように、アジアを代表するような建物になったんじゃと思うと惜しいですが、なんせ価格と維持費が・・・そしてここには、北欧の家具デザインの巨匠「Finn Juhl」が全てを設計した「Finn Juhl House」があります。

家自体は、シンプルな建物ですが、中はロフトのように少し段差があり、各スペースを活かして、所狭しと彼の家具が並んでいます。

そして、この周辺のビーチには、別の巨匠が街ごとデザインした場所があります。

「Arne Jacobsen」がデザインした街「Bellevue Beach」です。先ほどの美術館は「Klampenborg」から森をひたすら歩くのですが(バスもあるみたいです・・・)、こちらは海に向かって歩きます。するとビーチが見えてきます。これがただのビーチではなく、至る所に彼の作品が・・・ビーチのシャワーや監視台、そして有名なのが写真のガソリンスタンド!私が訪れた時は「アイスクリーム屋さん」になっていました。こうした、建築物や街並みを見るのも楽しいのですが、私は漁師の息子なので、ついつい船に目が行きます・・・乗ると酔うのですが・・・苦笑

こちらはヨット・・・木造で美しい

これも美しい・・・

私がノルウェーで漁師をしていた時に使っていた漁船は、これに近いですが、やはり、微妙に形が違っています。ただ、先端の形が似ているのはバイキングの名残でしょうか?

とこんな感じで、暇を見つけては外国を楽しむのが私の買い付けスタイルです。これまで、8回に渡って、買い付けの日記を書いてきましたが、いよいよ(やっと・・)帰国・・・の前に、トランジットのタイに寄ったお話を次回。私が大好きな東南アジアのお話しです!