TOP >  005/買い付けの話し・・・その4

005/買い付けの話し・・・その4

 随分と久し振りのブログになってしまいました・・・帰国して5ヶ月、ブログではまだデンマークに到着していないです・・・で、いよいよテイクオフなのですが、まずは経由地のバンコクへ。機材はエアバス社の2階建て大型旅客機「A380」です。事前予約で2階の後部通路側に・・・タイエアーの東京/Tokyo(TYO)-バンコク/Bangkok(BKK)間の機材は最新式が多く、快適です。経由地のバンコクまでは約7時間、閉所恐怖症の私は寝ることができず、ひたすら映画を見るので、最新機材だとマイペンライ!(問題なし!)映画と機内食だけが楽しみなんです。

 昔は機内食もおいしくなかったのですが、最近はどのエアラインに乗っても、不味いことはないです・・・と思うのですが・・・この度、最初の機内食はタイ料理(チキンのカレー)をチョイス。お酒が飲めない私は、いつもダイエットコーク。酔っ払い恐怖症(酔っぱらった人を見るのが怖い=そうした場所にも近寄らない・・・)でもあります・・・

 3本の映画を見たら、あっという間に(でもないですが)バンコクに到着。ここで約3時間のトランジット。預けた荷物はそのまま次の飛行機に運ばれますので、空港内を移動するだけです。国によっては、一度、イミグレーションを通らなければいけない所もあるので、時間には余裕を・・・フランクフルトと上海は大変でした・・・特に上海は殺気立っていますので(苦笑)

 トランジットが好きな理由の一つが「空港」・・・最近の空港はどこも綺麗で、建築も素晴らしい物が多く、独特のインテリアを見ることができます。例えば、羽田空港はスターウオーズの世界観のようなインテリアと清潔さが素晴らしいですが、ちょっと事務的な感じもします。コペンハーゲンはさすがにモダンなインテリアで、Hans WegnerやArne Jacobsen等々、デンマークを代表するデザイナーの作品に触れることができます。また、床も天然木のフローリングと非常に珍しい空港ですが・・・残念ながら、職員の態度が・・・そして、このバンコクの空港「Suvarnabhumi International Airport」は、ドイツ人建築家による近代的な建物とタイらしい奇抜なインテリアが面白い空港です。アジアを代表するハブ空港だけあって、24時間、いつ到着しても、4~5時間くらいは過ごせる空港です・・・が、寒いので気を付けて下さい!クーラーがキンキンです。ここで、これまでトランジットで立ち寄った空港の情報を・・・

1)バンコク・・・24時間レストラン、マッサージ等の施設あり。空港内も非常に広く、時間をつぶせます。もし、6~7時間以上のトランジットなら、一度、街に出るのも良いかと。空港内から市内に「エアポートリンク」という電車が走ってます。(朝6時~夜11時くらいまで)夜中ならタクシーで市内まで行っても40分ほどで行けます。バンコクが目的地で、夜中に到着しても、イミグレーションを出たら、空港内に安いフードコートなどもあり、始発まで時間がつぶせます!タイの話しはいつかじっくりと!(笑)

2)上海・・・2つの空港があるのでご注意を!(成田と羽田のように)そのうち「上海浦東国際空港」(PVG)は、綺麗な空港ですが、現金は中国の元しか使えません。クレジットカードはOKです。ただ、早朝に着いたときは、あまり店が営業していませんでしたし、高かった・・・(どこも空港は高いですが)あと、中華系の航空会社は、遅れることが多いのと、時間によっては上海の空港が混雑して遅れることがあるので、時間にはかなりの余裕を。

3)ホーチミンとハノイ・・・建物は新しいですが、何もないです。昼間にトランジットしても、何もないです・・・時間があるのならば、街に出ることをお勧めいたします。ただし、出発時にチェックインするとき、経由地で市内に立ち寄りたい事を伝え、できればチケットも発券してもらった方が良いです。(スクリーンショットでも大丈夫でしたが)日本人はVISA無しで入国できます。ホーチミンならタクシーで15分ほどで、繁華街に出れます。24時間楽しめます!

4)ソウル・・・仁川は、アジア最大のハブ空港。とにかく広いです。夜中にトランジットしたことは無いですが、3~4時間は問題なく過ごせます。韓国系の航空会社もサービスが良く、遅れたこともないので大好きです。特に日本発着ではない路線に一人で乗っていると、凄くケアしてくれます!

5)フランクフルト・・・昼間のトランジットで1時間しかなかったのですが、かなり空港内が複雑で、ちょっと焦りました。ミュンヘンは、シンプルなトランジットだったのですが、ドイツはいずれもイミグレを通りましたので、時間には多少の余裕を。ルフトハンザなら、あまり遅延が無いので、2時間あれば十分かと。

6)コペンハーゲン・・・建物を見るのが楽しい・・・それだけです・・・小さな空港の割には、イミグレが込んでるし、何と言っても、喫煙者は・・・コンコース(イミグレーションを通ったら)には喫煙所が無いです。最近訪れた空港で喫煙所が無いのはこの空港だけです。

その他にも、シンガポール、クアラルンプール、アムステルダムの空港も素晴らしかったです。(15年以上前の話しですが・・・)

 音楽でも聴きながら、タイ料理を食べて、コンコース内のショップを見て、行きかう楽しそうな「浮かれ旅行者」を見てると、あっという間に時間が過ぎていきます。ただし、常に時間には余裕を。コンコースも変わって当たり前くらいでいないと、パニックになります。至る所にモニターがあるので、自分の飛行機をチェックしましょう!航空会社、便名(=コードシェア-しているときもあるので注意)、行き先を必ずメモして!スマホに頼り過ぎると、無くした時やバッテリーが切れた時、Wifiが繋がらない時など、どうしようもなく絶望感に襲われます!経験者なので・・・

さ、ようやくコペンハーゲンに向けて出発です!ここから10時間ほど・・・直行便も日本から10時間ほど・・・たま~に「何やってるんだろう・・・」と思うこともありますが、マイペンライ!ゆるーく旅を楽しむのが一番です!トランジットあるあるで・・・アジア系の航空会社に多いのが、経由地からヨーロッパに向かう飛行機が古い・・・最悪なのはパーソナルモニターが無いこと。今までタイエアーと大韓でモニター無しがありました。中国の東方航空では、モニターはない、機内食は袋詰めの多量のお菓子と最悪だったことも・・・今回は事前に機材を調べて、座席も指定したので安心です!ボーイングの777で、いざコペンハーゲンへ!

 離陸したらすぐに夕飯・・・空港で食べなきゃ良かった・・・でも美味しい。タイエアーの機内食はクセがありますが、私は大好きです。食べ終わったら、ひたすら映画・・・4本ほど見たら、機内が明るくなって、朝食・・・喫煙者はこの辺で禁断症状が・・・

 タイらしいフルーツ(ドラゴンフルーツかと・・・)とオムレツ。これを食べたらいよいよランディング。やっとコペンハーゲンに到着です・・・移動的にも、ブログ的にも長かった・・・最近、お店を訪れてくださるお客様に「ブログ見てます」と言われるので、頑張って更新いたします。

次回、コペンハーゲン滞在記になります。